ごあいさつ

私たちの会社はカムという機械部品から始まり、最近では一般産業向け、航空分野という精密加工分野まで手を広げて参りました。
おかげさまで、創業60周年を迎えました。
これからもコストにとらわれず、納期・品質にこだわって皆様のご要望に応えられるよう、さらに邁進して参ります。

代表 大塚則夫

経営方針

企業理念

誠実 創造 継続

経営方針

  1. すべてに対して誠実に取り組みます。
  2. 夢の実現と新しい創造のために努力します。
  3. 時代から時代へ価値を継続し発展させます。
  4. あらゆる形で地域社会に貢献します。
  5. お得意様、協力業者様、そして私たちの幸福を追求します。

行動指針

  1. 考察します
  2. 提案します
  3. 決断します
  4. 行動します
  5. 反省します
加夢
会社概要
社名 株式会社オオツカハイテック
設立 1959年9月
資本金 10,000,000円
代表取締役 大塚 則夫(代表取締役)
本社・工場 〒365-0012 埼玉県鴻巣市上会下626 [Goole Map]
TEL.048-569-2711(代) FAX.048-569-2788
大阪営業所 〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原3-2-1 第2日研ビジネスマンション101 [Google Map]
TEL.06-6393-1030 FAX.06-6393-1070
名古屋営業所 〒452-0833 愛知県名古屋市西区山木2-108 コスモハイツ1F [Google Map]
TEL.052-501-7271 FAX.052-504-0290
北陸営業所 〒921-8831 石川県野々市市下林4-534 オフィスナカムラ [Google Map]
TEL.076-294-3115(代) FAX.076-294-3103
売上高 21億1500万円(2019年8月期)
取引銀行 埼玉りそな銀行鴻巣支店,武蔵野銀行鴻巣支店,三菱UFJ銀行上尾支店
業務内容 各種カムの切削・研削、カムの設計及び計算処理
インデックスドライブの設計・製作
ピックアンドプレースの設計・製作、ATCユニットの設計・製作
各種カム式ユニットの設計・製作、自動化省力化機械の設計・製作
その他大物部品加工・汎用加工・金型加工など
沿革
1959年(昭和34年)9月 埼玉県鴻巣市に於いて、カム製作を主業務とする大塚製作所を創立。
1961年(昭和36年)9月 社名を大塚カム株式会社に変更。資本金200万円。
1962年(昭和37年)6月 埼玉県北本市に新社屋を建設し、移転。
1965年(昭和40年)2月 資本金500万円に増資。
1970年(昭和45年)3月 NCフライス盤1号機を設備する。
1973年(昭和48年)6月 電算機によるカムのNC自動プログラミングシステムを開発。
1973年(昭和48年)11月 北本工場にNC工場を増設。
1978年(昭和53年)5月 鴻巣市にNC工場を設立し、本社を鴻巣工場へ移転。
1982年(昭和57年)1月 北本工場をインデックスドライブ専用工場とする。
1984年(昭和59年)3月 大阪営業所を開設。
1985年(昭和60年)9月 再度北本工場を新設し、インデックスドライブ専用工場とする。
1987年(昭和62年)12月 名古屋営業所を開設。
1989年(平成元年)10月 資本金1,000万円に増資。
1989年(平成元年)12月 本社工場第1期完成。
1990年(平成2年)7月 北陸出張所を開設。
1991年(平成3年)9月 本社工場第2期完成。
1996年(平成8年)1月 社名を株式会社オオツカハイテックに変更。
1996年(平成8年)8月 川里工場を新設完成。
1996年(平成8年)9月 川里工場完成に伴い北本工場を川里へ移転。
1998年(平成10年)10月 川里工場第二期完成。
2005年(平成17年)10月 川里工場に本社を移転(旧本社は鴻巣工場)。
2006年(平成18年)4月 新事務所完成(本社工場)。
2008年(平成20年)1月 代表取締役(社長)に大塚則夫が就任。
2012年(平成24年)3月 工場拡張。
2012年(平成24年)12月 大型5軸MC設備導入。
2013年(平成25年)4月 大型クレーン導入 7.5ton。
2014年(平成26年)10月 第2工場 完成。
2015年(平成27年) JIS Q 9100 認証更新。
2016年(平成28年)11月 大型3次元測定機導入。
2017年(平成29年)3月 大型カム研削5軸MC導入。
2019年(令和元年)9月 創立60周年を迎える。
2019年(令和元年)10月 彩の国工場に認定される。